相続登記をするには一般的には下記のような書類が必要です。

なお、相続関係・遺言書のある場合などケースによっては異なります。

戸籍類や住民票は当事務所で取得代行が可能です。

 

被相続人(亡くなられた方)について

戸籍類  出生から死亡までの戸籍謄本類(原戸籍・除籍)。
住民票除票または戸籍附票  本籍地の記載されているもの。

戸籍の改製婚姻転籍などにより戸籍は新たに編製されます。誰が相続人になるかを明らかにするには従来の戸籍(原戸籍・除籍)まで遡って取得する必要があります。

住民票除票(または戸籍附票)は、被相続人の登記上の住所と最後の住所までの繋がりの分かるものが必要です。複数回住所を変更している場合でも戸籍附票には住所移転の履歴が記載されますので、戸籍附票の取得を推奨します。

 

相続人となられる方について

戸籍類  相続人全員の現在の戸籍(謄本でも抄本でも構いません)。

相続発生後(被相続人の死亡後)に発行されたものが必要です。

住民票または戸籍附票  不動産を取得される方のみ。本籍地も記載されているもの。個人番号(マイナンバー)の記載の無いもの
印鑑証明書  相続人全員のものが必要です(3ヵ月以上前のものでも可。有効期限はありません)。
遺産分割協議書  当事務所で作成いたします。

相続人の戸籍は、相続発生時(被相続人の死亡時)以降に取得されたものが必要です。有効期限はありません。

法定相続分通りに登記する場合や法定相続人が1名の場合は、遺産分割協議書・印鑑証明書は不要です。

 

その他

・固定資産税評価証明書(登記用の評価通知書
・名寄帳

※被相続人の登記上の住所と住民票除票の住所が異なる場合は、権利証・不在籍不在住証明書・上申書が必要になる場合があります。
※登記用の評価通知書は、揖保郡太子町・たつの市・相生市などでは無料で発行してくれます。姫路市は発行してくれません。

 

原本還付について

相続登記では、戸籍謄本類・印鑑証明書・遺産分割協議書などの必要書類を添付して管轄法務局に登記申請します。

登記完了後に、上記の書類原本は返却してもらえます。

 

相続に関して

相続人と法定相続分 寄与分
特別受益 債務の相続
生命保険金 相続放棄
相続人不存在 相続の開始原因
戸籍の取得について 未登記建物の相続

 

本人確認に関する方針

当司法書士事務所では、犯罪による収益の移転防止に関する法律に基づき、運転免許証などの提示を受ける方法・その他犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則に規定する方法により本人確認を行っております。
ご理解とご協力をお願い致します。

 

司法書士の守秘義務

司法書士法第24条で「司法書士又は司法書士であつた者は、正当な事由がある場合でなければ、業務上取り扱つた事件について知ることのできた秘密を他に漏らしてはならない。」と定められており、司法書士には依頼人の秘密を保持する義務があります。