遺言の有無の調査

遺留分を侵害しない限りは、遺言が法定相続分よりも優先されます。

不動産や預貯金に限らず相続手続きでは、遺言の有無や内容が重要です。

もし、遺言があれば、相続人全員で遺産分割協議を行ったり、遺産分割協議書を作成する必要はありません。

これから遺言書を作成しようとお考えの人も、「せっかく作った遺言書を遺族に発見されないままになってしまった」といった事態にならないように、遺言書の保管方法については十分考えなくてはなりません。

 

自筆証書遺言の危険性

被相続人が生前に、「遺言書を作成した」と言っていたのに遺言書が見つからないというケースもあるでしょう。

自筆証書遺言、つまり手書きの遺言書の場合は、紛失や、隠匿・破棄の危険が伴います。

紛失したり隠匿されてしまっては遺言の存在や内容を証明するのは困難です。

 

公正証書遺言の遺言検索システム

他方、公正証書遺言の場合は、遺言書の原本が公証役場で保管されます。

遺言を行った公証役場に、遺言公正証書の謄本の交付を請求することができます。

しかし、全国各地に公証役場はあります。

「公正証書遺言をどこの公証役場で作成したか分からない」という場合でもご心配には及びません。

実は公正証書遺言には、「遺言検索システム」というものがあります。

 

遺言検索システムとは
昭和64年1月1日以降に作成された遺言公正証書については、遺言者の氏名、生年月日、遺言作成年月日等が、日本公証人連合会でデータベース化されています。相続人その他利害関係人は、最寄りの公証役場で遺言検索をしてもらうことができます。

この遺言検索システムによって全国どこで作成された公正証書遺言であっても、その有無を調査することができます。

姫路でも龍野でも最寄りの公証役場で全国の遺言検索は可能です。

 

遺言事項遺贈遺言能力遺言能力
遺言書作成の証人遺言書作成の証人遺言の撤回遺言の撤回
遺言書の検認遺言書の検認遺言書が見つかった場合遺言書が見つかった場合
遺言Q&A遺言Q&A遺言について遺言事項と付言事項

たつの市・姫路市の相続手続きの相談・予約のイメージ図お問い合わせ

前の記事

未成年者の相続放棄