夫婦間の贈与の特例(贈与税)

 


婚姻関係が20年以上の夫婦間で、居住用の不動産の贈与や居住用不動産を取得するための金銭の贈与がされた場合は、贈与税の基礎控除額の110万円に加えて、配偶者控除として2,000万円まで控除されるという特例があります。

 

 

夫婦間の贈与税の特例の条件

(1)婚姻期間20年経過後の贈与である。

(2)贈与された財産が、居住用不動産、または居住用不動産取得のための金銭である。

(3)贈与を受けた年の翌年3月15日までに上記によって取得した不動産に贈与を受けた人が現実に居住しており、以後も居住する見込みである。

 

個別具体的な贈与税の計算および贈与税の申告に関するご相談は税理士または税務署にてお尋ねください。

 

夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除(国税庁ウェブサイト)


たつの市・姫路市の相続手続きの相談・予約のイメージ図お問い合わせ

前の記事

遺言の有無の調査

次の記事

相続人がいない場合