1.初回相談

相談予約のイメージ図お電話 または メールフォーム にてご予約下さい。

出張相談も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

相談時に、下記の書類がありましたらご用意下さい。
(用意できる範囲で構いません)

相続相談 固定資産税の課税明細(毎年4月末頃に、市町村役場から送付されます)
相続相談 不動産の権利証
相続相談 戸籍類 (もし取得済みのものがあれば)

費用の概算を提示し、納得して頂いた上で手続きに取り掛かります。

 

2.必要書類の収集(相続人調査)

戸籍類や、評価証明書(評価通知書)など、相続登記に必要な書類を収集します。
(※当事務所にて戸籍・住民票の取得代行も可能です)

 

3.署名・押印

相談予約のイメージ図
遺言書がなければ遺産分割協議書を作成し、どの財産をどなたの名義にするかを決めます。遺産分割協議書は当事務所で作成致します。
遺産分割協議書・登記委任状へ署名・押印していただきます。

 

 

4.相続登記の申請

管轄法務局へ申請します。申請後、1週間程度で登記が完了します。

 

5.完了書類のお渡し

登記識別情報(権利証)、相続関係書類をお渡し又は郵送(簡易書留・レターパック)致します。

 

 

相続放棄

相続が発生すると負債などのマイナスの財産も相続人に引き継がれることになります。
マイナスの財産が明らかに多い場合などは相続放棄をすることにより、初めから相続人でなかったことになります。

相続放棄は原則、自分が相続人となったことを知ったときから3ヶ月以内に、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に申述して行います。

 

相続に関して

必要書類 相続登記の必要書類について 法定相続分 相続人と法定相続分
寄与分 寄与分 特別受益 特別受益
債務の相続 債務の相続 生命保険金 生命保険金
相続人不存在 相続人不存在 未登記建物 未登記建物の相続
相続放棄 相続放棄 戸籍の取得 戸籍の取得について
相続の開始原因 相続の開始原因 戸籍の取得 遺留分

 

本人確認に関する方針

当司法書士事務所では、犯罪による収益の移転防止に関する法律に基づき、運転免許証などの提示を受ける方法・その他犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則に規定する方法により本人確認を行っております。
ご理解とご協力をお願い致します。

 

司法書士の守秘義務

司法書士法第24条で「司法書士又は司法書士であつた者は、正当な事由がある場合でなければ、業務上取り扱つた事件について知ることのできた秘密を他に漏らしてはならない。」と定められており、司法書士には依頼人の秘密を保持する義務があります。