相続人

相続人となる人は法律によって決まっています。

配偶者(夫・妻)がいれば以下の人と共に相続人となります。

 

  1. (既に亡くなっている場合は代襲相続)) ※養子も含みます。
  2. 子がいない場合は(両親が亡くなっている場合は、その親=祖父・祖母)
  3. 子も親もいない場合は、兄弟姉妹 (兄弟姉妹が既に亡くなっている場合は、その子=甥・姪)

 

・相続発生時(被相続人が亡くなったとき)に生存している必要があります。
・離婚した元配偶者は相続人とはなりませんが、元配偶者との間にできた子供(実子)には相続権はあります。
・配偶者の連れ子は、養子縁組していなければ相続人とはなりません。
・遺言があれば、遺言が優先します。遺留分を侵害する場合は遺留分減殺請求の問題となります。

 

法定相続分

法定相続分は相続人が誰なのかによって以下のようになります(民法900条)。

代襲相続や数次相続が発生している場合は法定相続分の計算も複雑になります。

 

配偶者と子  配偶者が2分の1。子が残りを均等に相続。
配偶者と親  配偶者が3分の2。親が残りを均等に相続。
配偶者と兄弟姉妹  配偶者が4分の3。兄弟姉妹が残りを均等に相続。

 

法定相続分は上記の通りですが、「法定相続分通りに分配しないといけない」というわけではありません。具体的に誰がどの遺産を承継するかについては、相続人全員の話し合い(遺産分割協議)で自由に決めることができます。

遺産分割協議によって、1人の相続人が全部の遺産を承継しても構いません。

 

ポイント法定相続分は、目安

 

民法第900条
同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
一 子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。
二 配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。
三 配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。
四 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

 

債務の相続について

遺留分とその割合について

遺産分割の方法

相続資格の重複

 

異母兄弟・異父兄弟の相続分

相続発生時に子も親もいない場合は兄弟が相続人となります。

片方の親のみが同じである兄弟姉妹の相続分は他の兄弟の2分の1となります(民法第900条4項)。

 

非嫡出子・内縁配偶者の相続分

非嫡出子の相続分

内縁配偶者の相続分

相続人の欠格・推定相続人の廃除

相続人の欠格

推定相続人の廃除



たつの市・姫路市の相続手続きの相談・予約のイメージ図 お問い合わせ