非嫡出子とは、法律上の婚姻関係がない男女の間に生まれた子のことをいいます。

非嫡出子の法定相続分については、以前は嫡出子の2分の1とされていました。

しかし、平成25年12月の民法改正により、嫡出子と非嫡出子の相続分は同等となりました。

 

新しい民法が適用されるのは 平成25年9月5日以後に発生した相続 です。

平成25年9月4日以前に発生した相続のうち、遺産分割協議などが成立しているものについては影響はありません。

 

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00143.html(法務省)

 

相続分について