守秘義務

 司法書士法第24条で「司法書士又は司法書士であつた者は、正当な事由がある場合でなければ、業務上取り扱つた事件について知ることのできた秘密を他に漏らしてはならない。」と定められており、司法書士には依頼人の秘密を保持する義務があります。