夫婦間の贈与の特例


 婚姻関係が20年以上の夫婦間の、居住用の不動産の贈与については、贈与税の基礎控除110万円のほかに、配偶者控除として2,000万円まで控除されるという特例があります。

※控除できるのは贈与税のみです。  

夫婦間の贈与税の特例の条件


 (1)婚姻期間20年経過後の贈与である。

 (2)贈与された財産が、居住用不動産、または居住用不動産取得のための金銭である。

 (3)贈与を受けた年の翌年3月15日までに上記によって取得した不動産に贈与を受けた人が現実に居住しており、以後も居住する見込みである。