推定相続人の廃除


 遺留分のある推定相続人が、被相続人に虐待や著しい非行をした場合などに、被相続人は家庭裁判所にその推定相続人の廃除を請求することができます。(民法892条)
 単に仲が悪いといった理由では相続人の廃除を行うことはできません。

 廃除の審判が確定すると、廃除された者は相続権を失います。
 相続人ではなくなるので遺留分も認められません

手続き


 申立ができるのは、被相続人です。他の推定相続人は申立をすることはできません。なお、遺言により廃除の意思表示をすることもできます。この場合は遺言執行者が申立人となります。

 管轄裁判所は被相続人の住所地または相続開始地です。

 例えば、被相続人の住所が姫路で、本籍地が姫路以外の遠方の場合、姫路家庭裁判所(神戸家庭裁判所 姫路支部)の管轄となります。

その他、相続について

必要書類相続登記の必要書類について 相続放棄・限定承認相続放棄・限定承認
遺留分遺留分 相続人不存在相続人不存在