相続放棄できない場合


 相続放棄は、いつでも自由にできるわけではありません。以下のような場合に、相続放棄が認められないことがあります。

1.生前の相続放棄


 例えば、親に多額の借金がある場合であっても、まだ親が生存されている間は相続放棄をすることはできません。相続放棄は、相続発生後(亡くなられた後)でなければすることはできません。

2.相続財産を処分したとき


 債権の取立てや、遺産分割協議、相続不動産や預貯金の名義変更など相続財産の処分行為をした場合や相続財産を隠匿した場合、単純承認したものとみなされます(法定単純承認)。単純承認は撤回することができないため、相続放棄をすることはできなくなります。

3.法定期間の経過後


 相続放棄は、原則として「自己のために相続の開始があったことを知ったとき」から3か月以内にしなければなりません。