遺言でできること


以下のことを遺言ですることができます。

 1.相続分の指定・遺産分割方法の指定

 2.遺産分割の禁止・・・遺産分割を一定期間禁止することができます。

 3.推定相続人の廃除、廃除の取消

 4.遺贈

 5.財団法人設立のための寄付行為

 6.認知

 7.遺言執行者の指定

法律で定められていない事項など(付言事項)


 法律で定められていない事項については、たとえそれが遺言者や相続人にとって重要な事項であっても法的効力はありません。

 例えば、「家族仲良く力を合わせて暮らして欲しい。」と遺言を行ったとしても、そのこと自体から法的な効力は発生しません。

 ただし、被相続人の意思として親族から尊重され、事実上の効果は期待できます。