遺言能力


 遺言は、満15歳以上の方であれば行うことができます。未成年者でも、満15歳以上であれば有効に遺言を行えます

 しかし、遺言をするには、遺言の結果を弁識する能力が必要です。これを遺言能力といいます。遺言能力の無い者の遺言は無効となります。

 また、遺言は、本人の意思を尊重するため、代理人によって行うことはできません。

成年被後見人の遺言


 成年被後見人とは、精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にあり、家庭裁判所による後見開始の審判を受けた人です。

 成年被後見人は、事理を弁識する能力を一時的に回復したときに、医師2人以上の立会いの下で遺言を行えます。