遺言の撤回


 遺言者は、いつでも自由に遺言の全部又は一部を撤回することができます。

 遺言の撤回の方法としては次のとおりです。

遺言による方法


 ・前の遺言の全部又は一部を撤回する旨の新しい遺言をする。
 ・前の遺言と抵触する遺言をすると、抵触する部分について遺言の撤回があったと
  みなされます。


遺言書を破棄する


 ・遺言者が故意に遺言書を破り捨てた場合、遺言を破棄したものとみなされます。
 ・公正証書遺言の場合は、原本が公証人役場に保存されている限り、
  遺言者が手元にある遺言書正本を破棄しても撤回の効力は生じません。


遺言と抵触する処分(贈与・売買等)


 ・遺言者が遺言をした後に、これと抵触する生前処分を行った場合、
  遺言は撤回されたものとみなされます。


故意に遺贈の目的物を破棄する


 ・遺言者が、故意に遺贈の目的物を滅失・毀損させた場合、遺言を撤回したものと
  みなされます。


撤回された遺言の復活


 詐欺・強迫によって撤回された場合を除いて、撤回を取消しても撤回された遺言の効力は復活しません。


その他、遺言について


 遺言事項  遺言能力  遺言書作成の証人  遺言の撤回

 遺言書の検認  遺贈  遺言Q&A