遺贈


 遺贈は、遺言によって行う遺産の無償譲渡です。

 遺贈には、相続財産の全部または一定割合を対象とする包括遺贈と、特定の財産を対象とする特定遺贈があります。

(例) 包括遺贈・・・「相続財産の2分の1をAさんに遺贈する」
    特定遺贈・・・「相続財産のうち、姫路市○○町××番の土地をBさんに遺贈する」


 なお、相続人ではない人に対して「相続させる」と遺言した場合は、遺贈となります。


遺贈の登記手続き


 受遺者(遺産を譲り受ける方)と相続人全員(又は遺言執行者)が共同して行う必要があります。

 遺贈について、相続人の一部が同意しないなどの場合に備えて、遺言書で遺言執行者を指定しておくと遺贈を円滑に実現することができます。

 なお、遺言で遺言執行者が指定されていない場合でも、相続開始後に、家庭裁判所で遺言執行者を選任してもらうこともできます。ただし、選任などに時間がかかるため遺言で指定しておかれた方が望ましいといえます。

遺言について

遺言事項遺言事項 遺言能力遺言能力
遺言書作成の証人遺言書作成の証人 遺言の撤回遺言の撤回
遺言書の検認遺言書の検認 遺言書が見つかった場合遺言書が見つかった場合
遺言Q&A遺言Q&A 遺言について遺言について