相続欠格


 欠格とは、一定の場合に法律上当然に相続権が剥奪されることをいいます。(民法891条)
 欠格事由として

 1.被相続人らへの生命侵害行為
 2.被相続人の相続に関する遺言への違法な干渉(詐欺・強迫・遺言書の偽造・隠匿)

などがあります。

欠格事由があった場合は、推定相続人の廃除制度とは異なり、家庭裁判所の審判などの手続きによらず、相続権を失います。