遺言書の検認


 遺言書の検認は、遺言書の偽造・変造を防ぎ、遺言書を確実に保存するための手続きです。

 検認の対象となるのは、公正証書遺言以外のすべての遺言書(自筆証書遺言・秘密証書遺言)です。

検認の手続き


 家庭裁判所に、遺言書の検認の申立を行います。
 管轄は、相続開始地(遺言した人の最後の住所地)の家庭裁判所です。

 封印のある遺言書は、相続人またはその代理人の立会いの下、家庭裁判所で開封しなければなりません。もし、家庭裁判所外で開封した場合は、5万円以下の過料を受ける可能性がありますのでご注意下さい。


その他、遺言について


 遺言事項  遺言能力  遺言書作成の証人  遺言の撤回

 遺言書が見つかった場合  遺贈  遺言Q&A