戸籍の種類


 一般に戸籍というと、戸籍謄本や戸籍抄本を指します。戸籍謄本や抄本には、その人の氏名・生年月日や現在の本籍地などが記載されています。
そのため、結婚する前や転籍する前の戸籍の記載内容を確認するためには除籍謄本や改製原戸籍を見なければなりません。


戸籍謄本
(全部事項証明書)
 戸籍内の全員の情報が記載されているもの
戸籍抄本
(個人事項証明書)
 戸籍内の一部の人の情報が記載されているもの
除籍謄本・除籍抄本  死亡や結婚などにより戸籍内の全員が除かれてしまった戸籍のこと
改製原戸籍  法令の改正などによって戸籍の様式が変更されると、新たに戸籍が編製されます。その元となった戸籍を改製原戸籍といいます。