認知症の方の遺産分割協議


 遺産分割協議をするには相続人全員が同意する必要があります。

 認知症などで判断能力が不十分な方の場合は、成年後見制度を利用するなどして、認知症の方に代わって成年後見人が遺産分割協議に参加する必要があります。


未成年者の遺産分割協議


 相続人が未成年者の場合は、親が代理人となります。ただし、親子が共に相続人となる場合、親子の利益が相反することになるため、代理人となることは出来ません。
 例えば、父が死亡し、母と未成年の子が共同相続人となる場合には、母が未成年の子を代理して遺産分割協議をすることはできません。

 この場合、遺産分割をするためには、家庭裁判所に特別代理人の選任を申立てる必要があります。


その他


 遺産分割協議 特別代理人