生命保険金について


 被相続人を被保険者とする生命保険金が、相続財産に含まれるかは、生命保険金の受取人として誰を指定していたかによって異なります。

 

(1)被相続人自身を受取人とした場合

  相続財産に含まれると考えられます。

 

(2)「相続人」を受取人として指定していた場合

  生命保険金の受取請求権は、被保険者死亡時の相続人の固有の財産となり、
 相続財産には含まれません。

 

(3)相続人のうち特定の者を受取人として指定していた場合

  指定された者の固有の財産となり、相続財産には含まれません。


相続に関して


特別受益特別受益について 法定相続分相続人と法定相続分
非嫡出子の相続分非嫡出子の相続分について 内縁配偶者の相続分内縁配偶者の相続分