失踪宣告とは


 失踪宣告とは、行方不明者や生死不明者を死亡したものとみなして、その者に関する法律関係をいったん確定させるための制度です。婚姻の解消や相続の開始などの効果が発生します。
 失踪宣告には普通失踪特別失踪とがあります。


普通失踪


 特別失踪に該当するような原因のない通常の失踪をいいます。失踪期間は不在者の生死が明らかでなくなってから7年間です。7年間が経過した時に死亡したものとみなされます。

特別失踪


 船舶の沈没など特別の危難にあった場合の失踪をいいます。失踪期間は危難が去ってから1年間です。危難が去った時に死亡したものとみなされます。

失踪宣告の管轄家庭裁判所


 失踪宣告は、家庭裁判所に申立てます。申立先は、不在者の住所地を管轄する家庭裁判所です。


神戸家庭裁判所 姫路支部
姫路市北条1-250

 姫路市,相生市,赤穂市,赤穂郡上郡町,朝来市生野町,神崎郡(福崎町,市川町,神河町),加古川市,高砂市,加古郡(播磨町,稲美町)

神戸家庭裁判所 龍野支部
たつの市龍野町上霞城131

 たつの市,宍粟市,佐用郡佐用町,揖保郡太子町


 ※相生市,赤穂市,上郡町は、姫路の管轄となるのでご注意ください。

その他 遺産分割協議


 遺産分割協議 認知症の方、未成年者がいる場合の遺産分割協議 行方不明者の遺産分割協議