相続人

相続人となる人は法律によって決まっています。
配偶者(夫・妻)がいれば以下の人と共に相続人となります。

1.(既に亡くなっている場合は孫(代襲相続)) ※養子も含みます。

2.子がいない場合は(両親が亡くなっている場合は、その親=祖父・祖母)

3.子も親もいない場合は、兄弟姉妹


 ※ 相続発生時(被相続人が亡くなったとき)に生存している必要があります。

法定相続分

 法定相続分は相続人が誰なのかによって以下のようになります。

配偶者と子  配偶者が2分の1。子が残りを均等に相続。
配偶者と親  配偶者が3分の2。親が残りを均等に相続。
配偶者と兄弟姉妹  配偶者が4分の3。兄弟姉妹が残りを均等に相続。

非嫡出子・内縁配偶者の相続分


 非嫡出子の相続分

 内縁配偶者の相続分

相続人の欠格・推定相続人の廃除


 相続人の欠格

 推定相続人の廃除