遺言書作成の証人


 自筆証書遺言以外の方式による遺言(公正証書遺言、秘密証書遺言など)では、遺言が遺言者の真意に基づくものであることを証明し、後日の紛争を防止するため、作成にあたって証人が必要とされています。

 公正証書遺言・秘密証書遺言では、2名以上の証人の立会いが必要です。

証人になれない者


 証人・立会人は以下の欠格者以外の者なら誰でもなることができます。

 1.未成年者
 2.推定相続人、受遺者及びそれらの配偶者、並びに直系血族
 3.公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人