特別代理人とは


 特別代理人とは、親権者である父や母が、その子との間でお互いに利益が相反する行為(利益相反行為)を行うときに、裁判所に申し立てて選任してもらう特別な代理人のことです。
 利益相反行為については、親権者は代理権を行使できないため、特別代理人を選任する必要があります。

特別代理人の権限


 特別代理人は、家庭裁判所の審判で決められた行為について、代理権などを行使することができます。
 決められた行為が終了すれば、特別代理人の任務も終わります。



その他 遺産分割協議


 遺産分割協議 認知症の方、未成年者がいる場合の遺産分割協議 行方不明者の遺産分割協議