行方不明者の遺産分割協議


 遺産分割協議をするには相続人全員が同意する必要があります。

 相続人の中に行方不明者がいる場合、以下のいずれかの手続きによることになります。

失踪宣告


 失踪宣告をすると、行方不明になっている相続人は死亡したとみなされます。

 死亡したとみなされるのは、行方不明者の生存が確認された最後のときから7年間が経過したときです。


不在者財産管理人の選任申立て



 不在者財産管理人は、行方不明者に代わって遺産分割協議に参加したり、行方不明者の財産を管理することができます。


相続に関して

相続人不存在相続人不存在 法定相続分相続人と法定相続分
寄与分寄与分 特別受益特別受益
債務の相続債務の相続 生命保険金生命保険金