代襲相続

 

「代襲相続」とは・・・

例えば、被相続人よりも先に子が亡くなっている場合、孫が相続することになります。

このような相続を代襲相続といいます。

被相続人より先に亡くなった子を「被代襲者」、孫を「代襲者」といいます。

 

代襲相続が生じるケース

代襲原因は以下の「死亡」「欠格」「廃除」の3種類あります。

被相続人の子が、

⑴ 相続の開始以前に死亡したとき

⑵ 相続欠格事由があるとき

⑶ 相続から廃除されたときは、

その者の子(孫)が代襲して相続人となります(民法第887条2項)。

相続放棄した場合は、代襲原因ではありません。子が相続放棄しても孫が相続人になるわけではありません。

兄弟姉妹についても同様に代襲相続は認められます(民法第889条2項)。

例えば、子がなく、親・兄弟が先に亡くなっている場合は、甥・姪が相続人となります。

 

民法第887条
1.被相続人の子は、相続人となる。
2.被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3.前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

 

代襲相続と配偶者

例えば、被相続人A、子B、子の配偶者C、孫D(BCの子)という親族関係のケースについて、死亡した順番によって相続人が異なることになります。

親、子の順番で死亡した場合

A死亡後にBが死亡したときは、Aの相続についてBは相続人となります。Bの相続についてCとDが相続人となるため、結果としてCもDもAの財産について相続することになります。

子、親の順番で死亡した場合

逆にBがAより先に死亡している場合は、Dは代襲相続人になります。しかし、Cは代襲相続人ではありませんので、CはAの財産について相続人とはなりません

 

養子縁組と代襲相続

養子の子についても代襲相続が認められる場合があります。

・養子縁組のに生まれた子 ・・・ 代襲相続できます。

・養子縁組のに生まれた子 ・・・ 代襲相続できません。

 

養子縁組と代襲相続の具体例

 

例えば、養親A・養子B・Bの子C(養子縁組前に生まれた子)・Bの子D(養子縁組後に生まれた子)という親族関係で、

Aより先にBが亡くなっている場合に、Aの相続については、Cには相続権がありませんが、Dには相続権があります。

 

 

再代襲相続

 

被相続人より先に子も孫も亡くなっている場合に、曾孫がいるときは曾孫が相続分を引き継ぎます。これを再代襲相続といいます(民法第887条3項)。

なお兄弟姉妹には再代襲は認められません。

例えば、被相続人より先に兄弟姉妹やその子(甥・姪)も亡くなっている場合は、甥・姪の子は相続人とはなりません。

 

 

相続に関して

相続登記の必要書類について相続人と法定相続分
生命保険金特別受益
寄与分遺留分
相続の開始原因戸籍の取得について
相続放棄戸籍の取得について

 


たつの市・姫路市の相続手続きの相談・予約のイメージ図お問い合わせ

前の記事

非嫡出子の法定相続分

次の記事

相続の開始原因